自然エネルギー照明

光とび石は、自然エネルギーを利用した全く新しい光の演出ユニットとして、石井幹子デザイン事務所によりデザインされ、ライトクリエイションにより設計・開発されました。
太陽電池を電源とし、太陽の光エネルギーを電気に変えて利用するクリーンエネルギーシステムを用いることにより、環境にやさしい光演出装置となっています。
光源に使用される極めて強い光を放つLEDと、最も効果的にLEDの光が見えるよう設計されたレンズの組み合わせにより、広範囲から美しい光の輝きを楽しむことができます。また、異なる周期で点灯する光の配列と、ゆっくりと点灯しゆっくりと消えていく光の点滅は、蛍の光や生命の鼓動を彷彿とさせます。


 
自然石を用いた表層のデザインにより、昼間はその存在を景観と一体化させますが、日没と共に点灯が始まると異次元の光空間を創出します。
配線工事を行わないで施工することができ、制御部やLED発光部など全てのメンテナンスは光とび石上面から行えるよう設計されています。これらの仕組みは現在特許出願中です。

景観に応じて光の色や光の配列を変えた光とび石は、さまざまなプロジェクトに使われ、息づくような光の表現が好評を博しています。


写真左上:熱海ムーンライトビーチ
写真右上:聖徳大学
写真左下:長崎水辺の森公園
写真右下:湯村温泉

ALL COPYRIGHTS RESERVED BY LIGHT CREATION INC.