景観照明

東京大学附属病院
外来診察棟と管理研究棟の外観がライトアップされました。白石を使った各入口アーチは、さわやかなホワイトの光、壁面上部にある医学史を表現したレリーフタイルの壁画には、その重厚さを強調する温かい色の光が投光され、建物の良さを引き出すとともに、異なる様式からなる病院全体に統一感をもたらしました。
 
金龍山 浅草寺
雷門から奥へと続く宝蔵門と観音堂が、美しい朱色を最大限に活かす光源と省エネルギーを配慮した設計によって鮮やかに浮かび上がりました。五重塔には軒下の木組みを強調するために緻密な計算に基づくライトアップが施され、スカイラインを際立たせました。投光器は浅草寺らしい形状の特別デザインポールの上にまとめられるなど、昼間の景観にも配慮がなされました。
フォーシーズンズヴィラ
横浜市内に位置する新しい介護施設のために、環境照明が整備されました。「そよかぜ」「いろどり」「こもれび」の3棟に共通する夜景を創り出すために、<安らぎ><調和><個性><環境>の4点に特に配慮がなされました。
東京有隣会 有隣ホーム
照明は、点灯プログラムによって明るさがコントロールされ、また介護に必要な機能的な照度も確保できるように設計されています。一部には新しい試みとして、自然光の不足する時期に照度を補充し、心身の健康を促進すると言われるブライトケア効果も導入されています。
蓼科ゲストハウス
要人を迎えるための山の中のゲストハウスです。樹木への投光照明は、既存の器材を一新することで効率をアップさせ、省エネながらも効果的な光の演出を実現しています。
軽井沢大賀ホール
理想の音響効果を追求した五角形プランのホールは、華やかながらも周囲の環境に溶け込む木材で構築されています。外構部分は、池への映り込みを大切にした優しいライトアップで、建物と植え込みを強調しています。

前の作品へ

次の作品へ

ALL COPYRIGHTS RESERVED BY LIGHT CREATION INC.